【Cocoon】テンプレート機能を活用してみよう

このページでは、Cocoonの機能の一つ『テンプレート』機能について解説します。

テンプレート機能について

Cocoonには頻繫に繰り返して使いたい文章やフォーマットなどをテンプレート化して、記事本文内で読み込んで使うといった便利な機能があります。

この機能を使う事により、毎回作り直さなくてもテンプレートを読み込むだけで再利用する事が可能になります。

テンプレートの作成手順

画面左『Cocoon』⇒『テンプレート』の順に選択します。

  1. 新規追加』をクリック。
  2. タイトル』をわかりやすい名前で任意で入力します。 ※入力しないとテンプレートの保存が出来ません。
  3. タイトルを入力したら、本文を入力します。 ※以下はサンプルであいさつ文を入力しています。
  4. 本文を作成したら、『保存』をクリックします。
  5. 保存後、本文内にある『テンプレート』のプルダウンメニューに作成したテンプレートが追加されます。

テンプレートを設定する

テンプレート作成後、作成した手順は記事本文内の好きな場所で設定が出来ます。

  1. 作成したテンプレートを使用するにあたり、先ほど作成したテンプレートのショートコードをコピーします。
  2. 以下の手順はブロック挿入ツールからショートコードを選択する方法とブロックエディタ上でショートコードを挿入するかで使用方が異なります。
  3. どちらを選択しても結果は同じとなります。やりやすい方で各自行ってください。

ブロック挿入ツールからショートコードを選択する

  1. コピーしたら、記事本文内の左上にあるブロック挿入ツール(「+」)を選択します。
  2. 画面下にスクロールして「ショートコード」を選択します。
  3. ショートコード内に先ほどコピーしたショートコードを貼り付けます。

ブロックエディタ上でショートコードを挿入する

  1. ブロックエディタ上でショートコードを挿入するには何か適当に文字を入力します。
  2. 入力したら、ブロックの上のメニューからショートコードを選択します。(文字を入力しないとこのメニュー自体が表示されません)
  3. 一覧から挿入したいショートコードを選択します。
  4. 選択後、最初に入力した文字を消せばOKです。
タイトルとURLをコピーしました